英語

効果的な英語の音読のやり方|教材は何でもOK

 

こんばんは、
ワセジョのきな子(@kinaco_sss_)です

 

受験生の皆さんの中に
英語に苦手意識を持っている方はいませんか?

今回はそのような方に向けて
おすすめの音読方法を紹介します。

このブログには、私が実際にやってよかったものしか載せませんが

載せてきた中でも特に!!
皆さんにやってほしいと思うもの!!!効果抜群だから!!!

です

私はこの方法を予備校の先生に教えていただいたのですが、めちゃくちゃ英語を早く読めるようになりました。ほんとに
(高三年の時に教えてもらって、センターは193点、長文は満点だったし時間余った)

これを読んで「時間がないから解けなかった」ということをなくして欲しいです

実際にやってくれた方から「読むの早くなった」と感想を頂いているのでやる価値はかなりあるよ!

ということで、

早速書いていきますー!

【ワセジョ直伝】受験モチベの保ち方・上げ方 (王道&番外編)「モチベが上がらない...」と悩んでる受験生はいませんか?そんな方に向けて、二浪として3年間受験勉強をしてきた私のモチベの上げ方・保ち方を紹介します!やる気のない受験生への喝も書いたので、よかったら見てみてください!...

 

用意するもの

花

レベルが低すぎない長文

だけです。

長文のレベルは、早慶志望ならMARCH以上、マーチ志望なら日東駒専以上、くらいが良いと思います。慣れるまではもう少しレベルを下げたものでもいい

私が使っていたのはリンガメタリカと、早稲田の過去問の長文でした。

音読の仕方

早速書いていきますが、音読の際意識して欲しいことがあるので、ぜひ最後まで読んでください〜!

①日本語訳を見ずになるべく速く音読する

②読んでいて意味のとれないところや英文構造や単語のわからないところが出てきたら、日本語訳や参考書を見て確認する

③日本語訳や参考書を確認後、つづきから音読する

④読み終えたら、次は通しで、なるべく速く音読できるように繰り返し読む

 

◾️意識すること

「英語を英語のまま読む」

長文を読んでいる時、頭の中で日本語訳を作らない(後で例を挙げます)

 

最後に書いてある

英語を英語のまま読む

これが一番大事、寧ろこれ以外もうどうでも良いのでここだけは覚えて帰って下さい

わかりにくいので例を出します

 

apple という単語を見たらみなさんは

「ああappleね!」となりませんか?🍎

 

リンゴ、と頭で日本語に直さなくても
appleでappleとわかるじゃないですか?

わかりづらいと思うのですが、そういうことです。ネイティブが英語を読むように読む、と言ったらわかりやすいでしょうか

 

だから、音読の方法に挙げた④の、なるべくはやく読めるようにする、というところでは、
「英語を英語のままで理解しつつ」はやく読めるようにすることを心がけます。

ただひたすらに英語をはやく読むのではないです。英語を英語のまま読む、ことが重要。もちろん英文の構造も確認しつつです、分からないところはすぐ調べる

これができるようになれば
いちいち長文の中の英文を日本語に変換して、時間ギリギリになることも減ります。

 

音読するときの注意

普段から英語を英語のままで読む、ことは本当にお勧めで本番でもそのように読んでほしいのですが
いくつか注意してほしいことがあります。

それは、長文を読んでいるとき、
構造が複雑な英文や、わからない単語の入った英文が出てきてつまずいた時は、いつものように前後の文脈をみたり丁寧に日本語に訳していったりして考えること

問題として聞かれている部分であったり正誤問題の解答根拠となりそうな部分であったり、そういう部分も、時間をかけて丁寧に読んでいくこと

です

つまり
臨機応変に読み方を変えてね!いついかなる時も紹介した読み方で読め、ということではない!

ということです。寧ろ、そういう時間をかけて読みたいところをちゃんと読み正答率をあげるために、他を速く読めるように練習するんです!!!

使い分けをしっかりしてくださいね!

 

おすすめの音読用教材

長文であればなんでも良いので、
使った問題集や過去問でも大丈夫です。

ですが、先ほど一瞬紹介したリンガメタリカが(早慶志望なら)レベルも良く、背景知識も入り長文を読む時に役立ったので個人的にかなりおすすめです。

かなり難しめなので根気が必要ですが、これがスラスラ読めるようになれば早慶レベルにも通用するので、音読の読み物がないという方は挑んでみてください。

⚠️載っている単語には専門用語も多く「これ要らなくない?」と思うものが多々あるので、単語帳としてはあまりおすすめしません

音読にかける時間や読む量

花

音読は、毎日長文2つ
上で述べた①〜④の方法で、長文全体を英語のままで読めるようになるまで繰り返し読み
ます。

10分かからないくらいで終わらせられるのが良いと思います

ですが最初は時間がかかっても気にせずに続けてください。

今日は長文1.2を次の日は2.3、その次の日は3.4というふうに、前日にやったものを次の日に復習しつつ読んでいくのがオススメ

その際、最初から全部通しで読める場合はそれでOKです!(②③④の過程は飛ばして大丈夫)

早大生の友達は、読んだ回数を正の字つけていたそうです。これだけ読んだ!っていう自信になるそうですよー!(^o^)

音読の仕方:まとめ

 

いかがだったでしょうか??

この音読をするようになって、英語を読むのが明らかに速くなりましたし 英文の構造もはやくとれるようになりました。私はとても効果を感じたので激推しです。

声を出せる方は早速音読してみてください、実践と継続が大事!!!

 

ということで、今回もお読みいただき
ありがとうございました!

 

勉強計画の立て方と1日のスケジュール、勉強時間の目安、自分を知れという話【受験】「勉強計画を立てても計画通りにできない..」という方はいませんか?そんな方に向けて、計画倒れまくりだった私の一味違う計画の立て方を紹介します。出回っているplanningとやることはほぼ同じですが、事前準備がとても大事なのです。...